第11回東京・南会津サイクルトレイン 

南会津の豊かな自然の中を貴方の自転車で走ってみませんか!
首都圏からのサイクルトレイン―東武線浅草駅から!
あなたの自転車をそのまま電車に乗せて南会津へ!


♪めちゃくちゃ楽しかった (C)只見ダイナミックコース の報告 
2日目 2008年 6月 1日  


只見町 会津蒲生岳まえにて
右手前の おばちゃんは <山開き>イベントの手伝いをされていた地元の方です。
<きんちゃんによろしくー>


さあ 本日快晴!
昨日も走ったけど 今日の走りはちょっと違うよ
お気に入りのジャージで かっとばします。


ますやさんの見送りで 叶津から蒲生を目指します。



只見川ぞいに走っていくと すぐに叶津の集落へ
ループのような只見線の線路の向こうには 浅草岳が雪をのせて見えている
こんな一本裏の道がいいんです。
そっと走らせて頂ます。



ちょうど今日は蒲生岳山開きの日。
大勢の登山者が登っているのが下から見えます。
私も一度紅葉の季節に登りました
手前の建物は 部落の集会所で 登山者・旅客用のトイレもあります。



一日に三本か四本しかない 只見線の通過時間です。
それっと カメラ!


電車ではなくディーゼルカーの 右下に赤い自転車のりが・・・・




東北のマッターーホルンを後に 只見にもどります。


さきほどやり過ごした 叶津の部落を散策・・・
この谷あいを行くと 八十里越え 新潟に続きます
画面のずっと向こうで この前の冬・・・・・


 
ここには 古民家や番所が残っています。
堰ィ囲いにふれて こわしてしまったすみちゃん? 反省の図です。

<あっはずしただけでした ネ?>


ヘビや生き物を発見したりして 喜ぶみなさん・・・・

続いて  只見駅です。

そして <只見観光町づくり協会>の皆さんが おまちかねです。

サイクルトレインは 地元のいろんな方の協力を頂いています。
只見コースでは 町の観光協会さん <只見観光町づくり協会>さんに今までもお世話になってきました。
今回 協会事務所が 只見駅の中に移転したので 事前にお邪魔する旨伝えておりました。
暖かい蕎麦茶の接待や 地元の朝取り山菜の即売<めちゃ安い>などで盛り上がりました。


meguさん ありがとう。
南会津に来たら 只見駅に寄ってね


では 走ります。
神社によったり 湧水によったり スキー場を眺めたり・・・
走ります

南会津初めてでも サイクリング初心者でも 
家庭も 子供も忘れて 楽しいのです♪


 
荒川区のいや 日本のマイスター 自転車つくりの達人がみんなを守ってくれます。
まつださんゴール  そしてサポートカーを後ろに見ながらゴールいん。 


うんうん 来たわね と 余裕の美女ふたり・・


もりの分校 布沢



ランチタイムです


いまや伝説の 接待料理?
人寄せの もてなしには  おもちです。
 
これを味わったのは Cコース 只見めっちゃくちゃ楽しコースの参加者だけです。
他のコースの方には まさに絵に書いたもち ですね。
<うまかったなぁ>



布沢の社・・・・・

どこを切り取っても 絵になる只見だが この社が一番すきだな 
あのとき会ったじーちゃん ばーちゃんとも 亡くなったそうだ。



猫淵清水で お清め?


では 本日のお楽しみ   林道の峠の登りにアターックチャンス


この集団がばらけて・・




ダンシングでGO


南会津には こんな林道がいっぱいあります また どーぞ

 
さあ ここからは 順不動で行きます

右に左に 上に下に  写っていない方ゴメンね

はやーく登った人 スピードの速い方は カメラが間に合わず写っていませんことをお詫びします。
また 人数を把握していないため 漏れた方もいるかもです?

さらに まだまだ登ります 





なにやら メモリアルな・・・


キミは覚えているか
あの 深い峰々の奥の林道を
ちょっと頑張ってみんなで登ったね
ちっちゃな峠の 頂上では みんなが走ってくるのを日陰で待っていたね

全員そろってから ながーい下りにチャレンジ。
時おり見える遠くの山々 それよりも道のコンディションが気になったかな
ベテランのくだり屋さんたちは かっとんですぐに見えなくなって行ったね
のんびり走ったつもりでも すごいスピードが出て 抑えながら 風に吹かれて下っていったねー
緊張と開放感で イー気持ち

イェイ また走りに来たいよー

忘れないでね 奥会津 只見のサイクリング


いつもお世話になる <酒井製作所>さん ありがとうです。
このトラックは自転車積むのにぴったりです。


サイクリングも もう終わり まだ陽があるけど・・・・
温泉でしめます。

温泉のあとは・・・




ですよね。

田島駅に向かう帰りのバスも この方 大活躍

ミスター ガチャ 
次回も<関西弁講座>やってね

臨時列車 たびじにのれば あとは無法地帯?


今回画像をいっぱい提供してくれた イシちゃんは 右。
左は ガンジーTシャツの Hしサイクルステーション おーなー。


何故かきれいな方ばかり集まった 只見コース
やってよかった 行ってよかった Cコースの瞬間。




周りには これまた楽しいヤツラ
よそのコースの人が紛れ込んでいる?
誰だ?
<そんな人はイナイトー>


南会津サポートクラブ代表の Nponさんと なんと サイクルトレインにはまり
転勤先の京都から参加した 中山サブちゃん。
<お花見サイクリングの時は 実家の熊本から来てたんだよね>  アホ。


 
私事で恐縮ですが・・左 あのホリサンの娘さん二人と一緒に。
(次回は是非 Kコースで)
右→まつださんの同級生が Aコースに参加。世紀を越えた同窓会?



突然 駅で弁当を買えたヤツが吠えた
<ベントー買ったぞー>
by hilman


Eコースの 歌声列車も大賑わい

Nさんも いつの間にか 青春のうたを・・


哀愁のサイクリング列車も そろそろ北千住 そして浅草へ



ますや旅館さん 只見町づくり観光協会のみなさん 五十嵐さん
農協観光さん 今井さん始め 布沢の皆さん
蒲生のみなさん そのた南会津のみなさん
会津鉄道・野岩鉄道・東武鉄道各位関係のみなさん
お世話様でした ありがとうございました。

もちろん 最高に楽しい 参加のみなさん
ありがとうでした。
また サイクルトレインで会いましょう

待ちきれない方は 南会津サイクリングをチェックしてね。


文責・kurikin





第11回サイクルトレイン 報告のページに


トップに戻る








SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO